読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TamTam Music Log!!

音楽のことを書いていくブログ!

【スポンサーリンク】

Music History#001/はじまりのはじまり〜GODIEGO〜

Music History

さてさて、これから私の接してきた音楽の歴史を振り返るシリーズをやっていきたいと思います。
題して『TamaoのMusic History』

え?需要がない?
いやいやそんなことおっしゃらずに。

ワタクシも気付けばアラフィフですが、そんな同世代のあなたにお送りします。
きっとあなたも聴いた懐かしい曲やアーティストが登場しますよ。
そして一緒に当時を懐かしんでもらえたら幸いです。

 

それでは記念すべき第一回目。

その人の音楽史のはじまり、と言っても、各自いろいろな意味合いがあるのだろうけど、
私の場合、初めて自分の意思で買ったレコードは何か?で始まるんではなかろうか、
と思ったので、それをご紹介します。

それはこれ。ジャン!
ゴダイゴの『西遊記』です!

 

MAGIC MONKEY(西遊記)/GODIEGO 1978年

  1. THE BIRTH OF THE ODYSSEY~MONKEY MAGIC 
  2. GANDHARA 
  3. ASIATIC FEVER  
  4. WE'RE HEADING OUT WEST TO INDIA  
  5. THANK YOU, BABY  
  6. STEPPIN' INTO YOUR WORLD  
  7. HAVOC IN HEAVEN  
  8. DRAGONS AND DEMONS  
  9. A FOOL !  
  10. FLYING  
  11. CELEBRATION

 

遡ることウン十年前、小学生だった私は、
ある日初めてレコードを買ってもらえることになりました。

はて何のレコードにしよう?と考え、
当時ガンダーラやモンキーマジックが流行っていたので、
ゴダイゴが欲しい!と 単純に思い、お母さんと一緒にレコード屋さんへ。

いざどのLPにしようかとレコード棚を見るも、
すでに何枚もアルバムを出していたゴダイゴ。
いろいろあってどれにしていいかよくわからない。

なので人生初めてにして最初のジャケ買い!
見た目で気に入ったLPを選びました。
ちゃんとガンダーラもモンキーマジックも入っているみたいだし、これで良し、と。

 

しかし、家に帰ってさっそく針を落してみると、驚愕の事実が発覚…!
なんと、それは全編英詞のアルバムだったのです。
モンキーマジックはもともと英語だけど、ガンダーラまで!他の曲も全部。
そんなつもりは毛頭なかった私はかなりショックでした。

これは当時放送されていた人気テレビドラマ、
『西遊記』のサウンドトラック(オリジナル3rdアルバム)だったと知ったのは、
ずいぶん後のことでした。
当時は歌謡曲全盛で、すべて英詞のモンキーマジックが流行ったのも、
今考えると異色のことだったと思うし、
私だって音楽を聴くといえばベストテンで見るくらいのフツーの小学生だったので、
それを受け入れる土台があるはずもなく。
まさかそんなアルバムがあるなんて〜!と、ただただ落胆していたのを覚えています。

 

それでもせっかく買ったので聴いていると、だんだん良さがわかってきて、
お気に入りの一枚になりました。
今でも捨て曲のない、かっこいいアルバムだなあと思います。
音楽性、クオリティの高さはもちろんのこと、
タケカワユキヒデ以外の個性的なメンバーもヴォーカルをとっている曲が入っていたりと、
バラエティに富んでいて楽しい♪
ちなみに発売当時はオリコン・アルバム・チャート1位を獲得し、
ゴダイゴの名を日本全国に知らしめたそうな。

 

『 シンセの大胆な使用やシーケンサー(ローランドMC-8)の導入により、オリエンタルなきらびやかさを表現、70年代の日本のロックにおけるシンセ・サウンドのモニュメントのひとつとも言える名盤である。』
*Official Web Siteより 

 

どの曲も甲乙つけがたいけど、 私のおすすめを選ぶとしたら、
『MONKEY MAGIC』はもちろんなので置いておくとして…
ほのぼの美しいメロディーに心癒される『THANK YOU, BABY 』と、
シンセアレンジがかっこいい『HAVOC IN HEAVEN 』かなあ。
でもやっぱりどの曲もいい!
あらためてじっくり聴いてみてほしいアルバムです。

 

 

では今回はこの辺で。(´▽`)ノ

 

次回は第2回目、『ニューミュージック期~オフコース~』です。
お楽しみに!

 
◆ゴダイゴ GODIEGO OFFICIAL WEBSITE

godiego.co.jp